NEWS新着情報

障害者向けグルーホーム(共同生活援助)とは

障害者向けグルーホーム(共同生活援助)とは障害のある方のための「 シェアハウス」のようなもので、夜間などにおいて共同生活を営む住居で相談や入浴、清掃その他の日常生活上の援助が行われます。
しかし、障害者向けのグループホーム(共同生活援助)は現在、数が少ないとされ、また長く入居される方も多い為空室が少ないのが現状のようです。

グループホーム(共同生活援助)を含む障害者総合支援法に基づく各サービスを利用するには、「障害支援区分」の認定を受けることが必要であり、障害があるとの診断を受けた場合にも区分認定の申請が必要となります。

ジョインアライブでは、精神障がい(発達障がいを含む)や知的障がいに特化し、精神科専門医のサポートと精神保健福祉士の管理者により、日中活動先の施設との連携を深めながら生活の安定をはかることができます。

特にグループホームアイリスJは、住宅街にあり、駅からもアクセス良好で地域に溶け込んだ生活の場となり、きれいな居室で安心した生活を送れればと考えています。